生活

Keenの水陸両用速乾サンダルはZerraport 2が最高だった話

keen,Zerraport 2,サンダル

夏と言ったらキャンプにアウトドア!アウトドアサンダルと言ったらKeen!

今まで履いていたNewport H2も好きだったのですが、川や海に入った後、サンダル自体がなかなか乾かず困っていました。

そんな時出会った、同じくKeenのZerraport 2がNewport H2の全ての不満を解消してくれた速乾サンダルだったので紹介します!

まずはKeenの特性をおさらい

Keenは「足先を守ってくれるサンダル」をコンセプトに開発された
カリフォルニア発のアウトドアブランド。

特にサンダルは長時間履いていても疲れないですし、街履きでもオシャレ。
軽快性とシューズの機能性を融合させた商品は
「靴を越えたサンダル」とも言われて、世界中で人気です。

実際、ビーチサンダルでキャンプをしていたときに
大きな石につまずいて親指を負傷(流血)し、
鼻緒がちぎれるなんて経験をしたことがあるので
このKeenのトゥープロテクションは本当に安心です。

Keen Newport H2の不満

今まではこのNewport H2というモデルを愛用していました。

こちらも最高なサンダルなのですが、いくつかの不満点が有りましたのでそちらを紹介します。

重い

サンダルなのですが、やはりサンダルの中ではかなりの重量級です。のちほど重さの比較もしますのでそちらもご覧ください。

乾きにくい

これが、私の中で一番の残念ポイントでした。水陸両用サンダルなのでしょうがないのですが、陽が当たらないと1日経っても湿ったままです。

臭くなる

乾きが遅いと当然ですが、匂いが発生してきます。川の水ならいいのですが、海の水だったりすると、返ってきてからもう一度濡らして乾かすとまた更に時間もかかるので面倒でした。

Keen Zerraport 2の特徴

さて、では今回購入したZerraport 2はなにかいいのか?
上記でお伝えしたNewport H2と比較してみましたよ!

速乾性が素晴らしい

今回一番重視したのがこの「速乾性」です。

Newport H2のアッパー素材は合成繊維となっていて、水を含みにくい素材にはなっていますが実際は結構含んで重くなります。

一方、Zerraport 2の方のアッパー素材は水や汚れに強いポリエステル製。公式サイトでも「速乾性に優れ、ウォッシャブル」と明記があり、実際に水に入っても重さの変化はあまり感じられず、乾く時間も早い!

重量も軽い

次に元々の重量を見てみましょう。

サイズによって重量は変化しますが、Newport H2で、約400 g(27cn、片足)
Zerraport 2で、約310g(27cn、片足)と、Zerraport 2のほうが約100gも軽くなっています!

か、軽い!

更に両足ともなると約200gも差がでてきますので、旅行などでも長時間の歩行が可能ですね!

価格も安い

ここ、重要なところです。

公式サイトではNewport H2は、143000円(税込)Zerraport 2は、9900円(税込)
となっていて、その差は約5000円!

使われている素材の量や、パーツを考えると納得ですが、やはり安いに越したことは有りませんよね!

ちなみに私はAmazonの15%OFFクーポンを使って約7500円(税込)ほどで購入しました。安い!

サイズ感と着用感は?

靴って、ずっと履くものなのでサイズ感と着用感って重要ですよね。

でも、欲しい靴がリアル店舗に無かったりそもそも扱っている店舗を探すのが大変だったりしてネットで買おうかな?って思ってもサイズ感が分からず、途方にくれちゃうこともしばしばあります。

Amazon Wordrobeを使ってみた

なので、初めてAmazon Wordrobe を使ってみました。

これは、いくつかサイズやタイプの異なる商品を一旦届けてもらい、家で試着して、サイズの合わなかったものや気に入らなかったものを無料で返品できるというAmazon Prime会員限定のサービス。

もちろん全部気に入らなかったら全部返品も可能です。

今回はZerraport 2の26cmと26.5cmを試着してみました。

サイズ感

私の足は典型的日本人の足で、幅広・甲高。

普段の靴のサイズはNIKEで26,5cm、ニューバランスで26cm、Newport H2は26.5cmを履いてました。

Keenではモ「デルによって大きさが若干違うこともある」と聞いたことがあったので、今回のKeen Zerraport 2では26cmと26.5cmをAmazon Wordrobeで試着してみましたよ!

その結果

26cm
・ジャストサイズ
・少しつま先が当たる感覚があり
・横幅もジャストサイズ

26.5cm
・つま先、横幅にちょっと余裕あり
・26cmと比べるとフィト感は無い

かかとのストラップやアッパーのバックルで多少のサイズは調整できるので、長時間履くことも考えて結局、26.5cmに決定しました。26cmは返品!

着用感

重さや、速乾性などは個人的に思い切りZerraport 2に軍配を上げてきましたが着用感ばかりはNewport H2のほうに軍配です。

アッパーが全面にあるのでピタッと足にフィットしている感じはZerraport 2には出せません。

ただし、脱ぎはぎのしやすさだったりNewport H2同様つま先の保護もあることを考えると気になるほどでは有りませんでした!

結果

Newport H2よりも速乾性があり、かつKeenの大事なポイントは抑えているZerraport 2を買って大満足でした!

サイズ感や、試着方法など、是非参考にしてみて下さい!